ペットボトルでほうれい線を消す方法

ほうれい線ができる原因は、加齢とともに重力に逆らえなくなった
筋肉や脂肪が下がることです。

そのため、ゆるんでしまった筋肉を引き締めることが、
ほうれい線を消すことや、予防にもなります。

女性の悩み「ほうれい線」の名前の由来は?

ほうれい線の名前の由来といえば、中国に伝わる
面相学から来ていることで知られています。

面相学の法令紋が元の語源と言われており、
歴史を経て現代では法令線と言われるように
なったといいます。

様々な当て字が存在していますが、正解は
法令線であり、他は間違いであるのです。

ほうれい線は主に加齢により生じる口と頬の
境目の皺のようなものであり、早い人の場合には
30代からほうれい線が顔にできはじめるようです。

主な原因は加齢ではありますが、他にも肌の乾燥や
喫煙習慣により生じやすくなります。

また、ストレスの多い環境に身をおいていると
肌がたるみやすくなり、ほうれい線が生じやすく
なってしまいます。

偏った食生活や生活習慣もほうれい線の原因となります。

ほうれい線は丁寧なスキンケアとエイジングケアにより
目立たなくすることが可能です。

バランスの良い食生活を心がけ、規則正しい
生活を送り、それに加えてエイジングケアをすることで
改善することができますが、やはり加齢とともに
生じる肌の現象であることから、ある程度の年令になると
重力に逆らうことができないので、美容整形をする以外は
なかなか改善することが困難であると言われているのがほうれい線です。

自宅でできるほうれい線対策

お家で簡単にできる方法があります。
空のペットボトルを使います。

2Lなどの大きいサイズで、素材の
柔らかいものが良いでしょう。

まずは、ふたを開けて注ぎ口を加えます。
そして、ペットボトルの形がなくなるほど、
息を吸い込みます。

そして、息を吐き、ペットボトルを元の形に戻します。
この繰り返しです。とても簡単です。

最初は無理をせず、5~10回までにしておきましょう。
頬が疲れて、それくらいしかできません。

慣れてきたら、少しずつ回数を増やします。
大切なことは、毎日続けることです。
その他点滴療法もあります。

体の筋トレを毎日続ければ、腹筋が割れたりと
ボディラインが引き締まります。

これは、筋肉が覚えるからです。お顔の筋肉も同じで、
鍛え続ければ引き締まり、それを維持しようとします。

日々の積み重ねで、美肌を手に入れましょう。