姿勢が原因だった?ほうれい線を消す方法

一般に、ほうれい線が深くなる原因は加齢だと言われます。

それはその通りなのですが、猫背などのように姿勢が悪いと
ほうれい線が深くなりやすいことも分かっています。

猫背になると首が曲がりますから、顔のたるみを
まねくことに繋がります。

では猫背をなおすにはどうすれば良いのでしょうか。
最も肝心なのは、姿勢を正すように
意識し続けることですが、そう上手くはいかないのが現実でしょう。

そのため、背中の筋肉を鍛えて、自然にキレイな姿勢に
なるようにすることが大切です。

背中の筋肉

ストレッチを行って、体の柔軟性を高めるのも良いでしょう。
全身のコリをほぐすことにもなりますから、体が軽くなる効果も得られるでしょう。

また、猫背改善グッズを使うのも有意な方法です。
事務作業などで長時間座り続ける人は、いつの間にか
猫背になっていることがあります。

たるみ

自分に合うグッズを使うことで、ほうれい線を消すことに
寄与する可能性は大いにあります。

猫背を改善し、顔のたるみを防止することで、
ほうれい線は確実に薄くなります。

保湿ケアでほうれい線を消す方法

まずはじめて知っておきたいことが、ほうれい線を保湿ケアで消す
という方法は全てのケースで適用できないということです。

保湿

ほうれい線はシワの一種ですが、そのシワの深さが浅い場合、
つまり角質層に刻まれたシワの場合だけ保湿ケアで消せるのです。

そのシワが真皮や皮下組織にまで及ぶような深い場合は保湿では消せません。

これを踏まえた上で保湿で消す方法について解説します。
保湿成分はいくつかありますが、この場合に特におすすめがセラミドです。

ポイントが角質層内に含まれる保湿成分がセラミドという点です。
コラーゲンやヒアルロン酸は角質層の下の真皮層以下に含まれる
保湿成分なので、肌につけてもなかなか浸透しません。

それに対してセラミドは角質層内の保湿物質なので
比較的スムーズに浸透しやすいのです。

浸透する

セラミドの中でもおすすめが天然セラミドかバイオセラミドです。
特に酵母から作られている後者は、前者ほど
値段が高くないのでおすすめです。

ほうれい線を消す方法はこれだ!~美容整形編~

年齢肌の悩みにも乾燥や目元、口元の小じわ、シミなどありますが、
これらはスキンケア化粧品でケアするとある程度改善は見込めます。

しかし、ほうれい線はスキンケア化粧品でケアしても
そう簡単に消すことは難しく感じます。

美容や健康に対しての効果が高い

そこでお勧めなのが美容整形クリニックのほうれい線治療です。

治療にも様々な方法があり、ヒアルロン酸注入やボットクス注入、
脂肪注入、また、照射系などありますが、一番効果が期待できる治療というと
リフトアップです。

リフトアップは頬のたるみなどを引き上げていく方法です。
皮膚を引き上げることによってほうれい線も目立たなくなりますし、
ハリのある若々しい肌が手に入ります。

医師

注射や照射系の治療で満足できなかった方にもリフトアップなら
効果を感じられますし、他の治療と比べると費用は高めになりますが、
半永久的な効果も期待できるので高いお金を払ってでも
治療を受ける価値はあります。

特に40代や50代に人気のある美容整形で5歳から
10歳以上の若返り効果が期待できます。