加齢に伴うほうれい線を消す方法

加齢に伴ってほうれい線がくっきり出てしまうと、
老け顔に見えてしまいます。

一般に30代から深くなり始めると言われますが、
最近は20代でも悩んでいる方が多くいるようです。

そんなやっかいなほうれい線を消す・目立たなくする
方法を知っておきましょう。

ほうれい線は加齢だけでなく、筋肉の衰えや紫外線、
乾燥の影響によっても深くなります。

加齢による悩み

筋肉の衰えを防ぐには、表情筋をエクササイズで
鍛えて筋力の維持をすることが大切です。

具体的には、口をすぼめたり膨らませたりして
筋肉を使うようにするエクササイズや、指を
使って口内筋をマッサージするのが良いでしょう。

また、食事のときによく噛むだけでも、表情筋を
鍛えられます。

紫外線に対しては、日焼け止めや帽子などを
使うことになりますが、大事なのは季節を
問わない対策です。

冬場でも紫外線は降り注いでいますので、常に
何らかの対策をとることが大切です。

乾燥から肌を守るには、主に就寝前に化粧水や
美容液で丁寧にケアするのが効果的です。

コラーゲンを含むものをたっぷりと使うのがポイントです。

ほうれい線に効果的な美容皮膚科のサーマクールに副作用はあるの?

ほうれい線は肌の真皮層部分にある、コラーゲンの生成量が
不足する事で起こります。

コラーゲンが少ない状態だと、肌にハリや弾力が無くなり
皮膚がたるむみ、下へと頬が下がる事で、ほうれい線が
できてしまうのです。

美容皮膚科で受けられるサーマクールは、コラーゲンの生成量を
アップする作用があります。

美容医療

コラーゲンが増える事によって、肌にはハリと弾力が戻る為、
ほうれい線を解消する効果が期待できます。

皮膚を切らずに深いシワである、ほうれい線を消せると
いう事もあり人気の美容医療です。

ただ、サーマクールはラジオ波という熱を皮膚内部に与える
美容医療という事もあり、副作用が起こるリスクは
ゼロではありません。

副作用としては施術後に肌の赤みや腫れが出るケースが多いようです。
そして、稀にではありますが水泡や色素沈着といった症状が
現れる場合もあります。

これらの症状を施術後に発症したら、施術を受けたクリニックに
すぐ相談しましょう。

確実にほうれい線を消す方法

年齢を重ねると気になってくるのが顔のほうれい線です。

そこで、ほうれい線を消す方法としてはマッサージをしたり、
食べ物の改善などの方法がありますが、最も確実に消す手段
としてはヒアルロン酸注入による方法であると考えられます。

このヒアルロン酸は、人体の皮膚に存在しているものであり、
人体の皮膚に注入することによって、皮膚の柔軟性や弾力性を
アップさせることができます。

注入

また、ヒアルロン酸はもともと人体の皮膚にある成分ですから、
体内に注入したとしても無害であり、安心して注入を行うことが
できます。

注入にかかる時間は、わずか10分程度の処置時間ですぐに
しわの部分に施術することができます。

ですから、ほうれい線が消えたかどうかということを、
施術後すぐに確認することができます。

ダウンタイムについてもほとんどないので、自然にほうれい線を
消すことができます。

ただし、ヒアルロン酸はある程度の期間が経過すると少なく
なってくるので、定期的に注入していくとよいでしょう。

ほうれい線を消す方法はどのくらいあるの?

若い人から歳を取った人まで、ほうれい線の存在は常に
気にかかるものです。

これが見えた瞬間から、すぐに消そうと思う人は多いのでは
ないでしょうか。

しかし、ほうれい線の消し方には多くの種類があります。
そして、それぞれの特徴を知れば、最適な方法を選ぶことができます。

まず、口の中で舌を回すトレーニングがあります。
その方法は、歯茎を舐めるように舌を回したり、舌の出し入れを
上下左右に行う事です。

顔のエクササイズ

これはお金がかからず、手軽であることが特徴です。

また、口で水の入ったペットボトルの飲み口を挟み、持ち上げる
といったトレーニングも有効です。

こちらは場所を選びますが、舌を回すトレーニング同様、費用に
対して効果が大きいです。

口角の外側や、頬骨の下にあるツボを押すのも効果があります。

これらのツボはほうれい線以外にも効果があるので、積極的に
行っていきたいものです。

もちろん、化粧品などを使用して消すこともできます。

こちらは多少の費用がかかるため、上記と並行して行いましょう。

最後に、生活習慣を改善することを忘れてはいけません。
人体に起こる多くの問題の原因であるため、もっとも重要な改善方法です。

エイジングケア化粧品でほうれい線を消す方法

ほうれい線は加齢によって肌の弾力が失われて、
重力に逆らえなくなった皮膚が下がることでできます。

これを消す方法は毎日肌につける化粧品を、
エイジングケア化粧品に変えることです。化粧品でケア

加齢による皮膚のたるみを解消する効果がある
化粧品を使うことで、失われた肌の弾力を取り戻し
ハリとツヤを出すようにできます。

ほうれい線が気になる方は、まずはいま使っている
化粧品を、エイジングケア化粧品に変えてみましょう。

肌の弾力を取り戻すのに効果のある化粧品は、
保湿作用とアンチエイジング作用の高い成分を
含んでいるものとなります。

おすすめの成分は保湿作用のものだと、
海藻エキス・ラン藻エキス・ビタミンC・
ローヤルゼリー・コエンザイム。

アンチエイジング作用のものだと、コラーゲン・
ヒアルロン酸・アミノ酸。

これらの成分が配合された化粧品を選び、
ほうれい線のケアをしてみましょう。

肌の健康自体にも良い成分ばかりですので、
お肌の状態も改善できます。肌を改善する

食べ物でほうれい線を消す方法

食べ物でほうれい線を消す方法として、意識的に摂取したいのは
コラーゲンです。

若々しい素肌のハリや潤いには、コラーゲンは欠かすことができません。

いくら良いからといって、1回の食事でたくさん食べればいい
というものではありません。

ほうれい線

毎日の食事メニューに加えて、継続的な摂取をするのが、
ほうれい線ケアのためにも効果敵となるコツです。

そんなコラーゲンをたっぷりと含む食材は、意外といろいろな種類があります。

鶏皮や手羽先は有名ですし、鶏軟骨や豚足とか、
牛スジやうなぎなどもコラーゲンを多く含んでいます。

少し贅沢ですがフカヒレはコラーゲンを非常に多く含みますし、
サザエといった貝類も豊富です。

ビタミンC

コラーゲン生成をサポートするのは、ビタミンCの栄養成分です。

ですからコラーゲンと一緒に、ビタミンCの栄養成分も
摂取酢料に心がけるといいです。

水溶性ビタミンは1度に摂取しても排出されてしまうので、
1日の食事のなかで、こまめな摂取をする方が効率的です。

野菜やフルーツにも、ビタミンCは豊富です。

エクササイズでほうれい線を消す方法

若いうちから出やすい年齢のサインがほうれい線です。

20代のときには気にならなかったのに、30代に入ったとたんに
何となく存在感が出てきて、40代になると、しっかりとした
ほうれい線ができてしまっているという人がたくさんいます。

目のまわりの小じわなどよりも、早くから気になる人が多く、
遠くからでも見えやすいので、顔の印象を左右すると言っても
良い悩みの種です。

悩み

ほうれい線を消すためには、シワやたるみの原因になる
乾燥を防ぐことが大切です。

化粧水や美容液、乳液を毎日塗って、保湿することで、
肌の弾力が回復し、しっとりとしてハリが出てくると、
目立ちにくくなってきます。

スキンケア

たるみを気にしてマッサージをする人がいますが、強い力で
マッサージをすると、リフトアップどころか、肌内部の繊維が
損傷して、もっとたるんでしまうという危険があります。

正しいほうれい線を消す方法は、顔の筋肉を動かし、
表情筋を鍛えるエクササイズです。

口や目、頬を上や斜め前方に挙げるように意識しながら
エクササイズをすると良いでしょう。

鏡を見ながら、筋肉の動きを確かめることがおすすめです。

姿勢が原因だった?ほうれい線を消す方法

一般に、ほうれい線が深くなる原因は加齢だと言われます。

それはその通りなのですが、猫背などのように姿勢が悪いと
ほうれい線が深くなりやすいことも分かっています。

猫背になると首が曲がりますから、顔のたるみを
まねくことに繋がります。

では猫背をなおすにはどうすれば良いのでしょうか。
最も肝心なのは、姿勢を正すように
意識し続けることですが、そう上手くはいかないのが現実でしょう。

そのため、背中の筋肉を鍛えて、自然にキレイな姿勢に
なるようにすることが大切です。

背中の筋肉

ストレッチを行って、体の柔軟性を高めるのも良いでしょう。
全身のコリをほぐすことにもなりますから、体が軽くなる効果も得られるでしょう。

また、猫背改善グッズを使うのも有意な方法です。
事務作業などで長時間座り続ける人は、いつの間にか
猫背になっていることがあります。

たるみ

自分に合うグッズを使うことで、ほうれい線を消すことに
寄与する可能性は大いにあります。

猫背を改善し、顔のたるみを防止することで、
ほうれい線は確実に薄くなります。

保湿ケアでほうれい線を消す方法

まずはじめて知っておきたいことが、ほうれい線を保湿ケアで消す
という方法は全てのケースで適用できないということです。

保湿

ほうれい線はシワの一種ですが、そのシワの深さが浅い場合、
つまり角質層に刻まれたシワの場合だけ保湿ケアで消せるのです。

そのシワが真皮や皮下組織にまで及ぶような深い場合は保湿では消せません。

これを踏まえた上で保湿で消す方法について解説します。
保湿成分はいくつかありますが、この場合に特におすすめがセラミドです。

ポイントが角質層内に含まれる保湿成分がセラミドという点です。
コラーゲンやヒアルロン酸は角質層の下の真皮層以下に含まれる
保湿成分なので、肌につけてもなかなか浸透しません。

それに対してセラミドは角質層内の保湿物質なので
比較的スムーズに浸透しやすいのです。

浸透する

セラミドの中でもおすすめが天然セラミドかバイオセラミドです。
特に酵母から作られている後者は、前者ほど
値段が高くないのでおすすめです。

ほうれい線を消す方法はこれだ!~美容整形編~

年齢肌の悩みにも乾燥や目元、口元の小じわ、シミなどありますが、
これらはスキンケア化粧品でケアするとある程度改善は見込めます。

しかし、ほうれい線はスキンケア化粧品でケアしても
そう簡単に消すことは難しく感じます。

年齢肌

そこでお勧めなのが美容整形クリニックのほうれい線治療です。

治療にも様々な方法があり、ヒアルロン酸注入やボットクス注入、
脂肪注入、また、照射系などありますが、一番効果が期待できる治療というと
リフトアップです。

リフトアップは頬のたるみなどを引き上げていく方法です。
皮膚を引き上げることによってほうれい線も目立たなくなりますし、
ハリのある若々しい肌が手に入ります。

医師

注射や照射系の治療で満足できなかった方にもリフトアップなら
効果を感じられますし、他の治療と比べると費用は高めになりますが、
半永久的な効果も期待できるので高いお金を払ってでも
治療を受ける価値はあります。

特に40代や50代に人気のある美容整形で5歳から
10歳以上の若返り効果が期待できます。