アルガンオイルはどのようなオイルなのか

アルガンオイルとはどのようなものなのでしょうか。
モロッコにしかない、アルガンの樹の実から採油したオイルで、別名はモロッコの黄金とも呼ばれています。

アルガンオイル

200個の実から採れるオイルの量はわずか50mlほどしか採れないのでとても希少なオイルとなります。
さまざまな美容成分が含まれていますが、特にオレイン酸とビタミンEが多く含まれています。

最近ではその効果についての研究がさらに進められている、人気のオイルです。
オレイン酸は肌への保湿力を高めたり、柔らかくする効果があります。

ビタミンEは抗酸化作用といって、肌の表皮にできてしまう活性酸素を中和させる働きがあります。
その量はオリーブオイルの約3倍ともいわれています。

では、抗酸化作用とは実際どのようなものをいうのでしょうか。
それは外的ダメージから肌を錆びさせる力を抑制することをいいます。

肌が錆びるということはお肌を老化させることにつながります。
老化とは顔がたるんだり、シワが進行する事を指します。
そのような顔のたるみなどの肌トラブルには、アルガンオイルは
良いというのがわかりましたが、どのような使い方をしたらいいのでしょうか。

次ではおすすめの使用方法を紹介いたします。

顔のたるみやシワに効く使い方

使用方法は主にクリームや乳液のような使い方をします。
洗顔で肌の汚れを取り除いた後、化粧水で水分を与えた後に数滴を肌になじませます。

肌に馴染ませる

この時手のひらに取ったオイルを両手であわせて温めてからオイルをつけると、肌になじみやすくなります。
この時あまりオイルを出し過ぎるとベタベタしてしまうので、つけ過ぎないように気をつけます。

その他にも化粧水の前に少量をのせてあげると、ブースターの役割も果たします。
オイルがなじんだ肌は柔らかくなり、その後の化粧水の水分を取り込む力がグンと上がります。

最近乾燥して化粧のりが悪いと感じている方や、顔のたるみが気になる方は一度試してみる価値があります。

そして、部分使いでも使えます。冬になって乾燥してくると
お顔のたるみやシワがさらに気になります。

そんな時にもオイルを一滴なじませてあげると、目立たなくなります。
少量のオイルでしたらメイクの上からでも大丈夫です。

その他にもパックにも使用できます。お風呂に入る前に顔や頭皮につけます。

パックの時は多少多くてもかまいません。
お風呂の温熱効果により肌への浸透が高まります。

顔全体は皮一枚でつながっていて、頭皮がゆるんでくると
顔のたるみにもつながるといわれています。

気になる方は頭皮もマッサージしてあげると、
顔のたるみ予防にもなるのでおすすめです。

確実にほうれい線を消す方法

年齢を重ねると気になってくるのが顔のほうれい線です。

そこで、ほうれい線を消す方法としてはマッサージをしたり、
食べ物の改善などの方法がありますが、最も確実に消す手段
としてはヒアルロン酸注入による方法であると考えられます。

このヒアルロン酸は、人体の皮膚に存在しているものであり、
人体の皮膚に注入することによって、皮膚の柔軟性や弾力性を
アップさせることができます。

注入

また、ヒアルロン酸はもともと人体の皮膚にある成分ですから、
体内に注入したとしても無害であり、安心して注入を行うことが
できます。

注入にかかる時間は、わずか10分程度の処置時間ですぐに
しわの部分に施術することができます。

ですから、ほうれい線が消えたかどうかということを、
施術後すぐに確認することができます。

ダウンタイムについてもほとんどないので、自然にほうれい線を
消すことができます。

ただし、ヒアルロン酸はある程度の期間が経過すると少なく
なってくるので、定期的に注入していくとよいでしょう。

ほうれい線を消す方法はどのくらいあるの?

若い人から歳を取った人まで、ほうれい線の存在は常に
気にかかるものです。

これが見えた瞬間から、すぐに消そうと思う人は多いのでは
ないでしょうか。

しかし、ほうれい線の消し方には多くの種類があります。
そして、それぞれの特徴を知れば、最適な方法を選ぶことができます。

まず、口の中で舌を回すトレーニングがあります。
その方法は、歯茎を舐めるように舌を回したり、舌の出し入れを
上下左右に行う事です。

顔のエクササイズ

これはお金がかからず、手軽であることが特徴です。

また、口で水の入ったペットボトルの飲み口を挟み、持ち上げる
といったトレーニングも有効です。

こちらは場所を選びますが、舌を回すトレーニング同様、費用に
対して効果が大きいです。

口角の外側や、頬骨の下にあるツボを押すのも効果があります。

これらのツボはほうれい線以外にも効果があるので、積極的に
行っていきたいものです。

もちろん、化粧品などを使用して消すこともできます。

こちらは多少の費用がかかるため、上記と並行して行いましょう。

最後に、生活習慣を改善することを忘れてはいけません。
人体に起こる多くの問題の原因であるため、もっとも重要な改善方法です。

エイジングケア化粧品でほうれい線を消す方法

ほうれい線は加齢によって肌の弾力が失われて、
重力に逆らえなくなった皮膚が下がることでできます。

これを消す方法は毎日肌につける化粧品を、
エイジングケア化粧品に変えることです。化粧品でケア

加齢による皮膚のたるみを解消する効果がある
化粧品を使うことで、失われた肌の弾力を取り戻し
ハリとツヤを出すようにできます。

ほうれい線が気になる方は、まずはいま使っている
化粧品を、エイジングケア化粧品に変えてみましょう。

肌の弾力を取り戻すのに効果のある化粧品は、
保湿作用とアンチエイジング作用の高い成分を
含んでいるものとなります。

おすすめの成分は保湿作用のものだと、
海藻エキス・ラン藻エキス・ビタミンC・
ローヤルゼリー・コエンザイム。

アンチエイジング作用のものだと、コラーゲン・
ヒアルロン酸・アミノ酸。

これらの成分が配合された化粧品を選び、
ほうれい線のケアをしてみましょう。

肌の健康自体にも良い成分ばかりですので、
お肌の状態も改善できます。肌を改善する

保湿ケアでほうれい線を消す方法

まずはじめて知っておきたいことが、ほうれい線を保湿ケアで消す
という方法は全てのケースで適用できないということです。

保湿

ほうれい線はシワの一種ですが、そのシワの深さが浅い場合、
つまり角質層に刻まれたシワの場合だけ保湿ケアで消せるのです。

そのシワが真皮や皮下組織にまで及ぶような深い場合は保湿では消せません。

これを踏まえた上で保湿で消す方法について解説します。
保湿成分はいくつかありますが、この場合に特におすすめがセラミドです。

ポイントが角質層内に含まれる保湿成分がセラミドという点です。
コラーゲンやヒアルロン酸は角質層の下の真皮層以下に含まれる
保湿成分なので、肌につけてもなかなか浸透しません。

それに対してセラミドは角質層内の保湿物質なので
比較的スムーズに浸透しやすいのです。

浸透する

セラミドの中でもおすすめが天然セラミドかバイオセラミドです。
特に酵母から作られている後者は、前者ほど
値段が高くないのでおすすめです。