加齢に伴うほうれい線を消す方法

加齢に伴ってほうれい線がくっきり出てしまうと、
老け顔に見えてしまいます。

一般に30代から深くなり始めると言われますが、
最近は20代でも悩んでいる方が多くいるようです。

そんなやっかいなほうれい線を消す・目立たなくする
方法を知っておきましょう。

ほうれい線は加齢だけでなく、筋肉の衰えや紫外線、
乾燥の影響によっても深くなります。

加齢による悩み

筋肉の衰えを防ぐには、表情筋をエクササイズで
鍛えて筋力の維持をすることが大切です。

具体的には、口をすぼめたり膨らませたりして
筋肉を使うようにするエクササイズや、指を
使って口内筋をマッサージするのが良いでしょう。

また、食事のときによく噛むだけでも、表情筋を
鍛えられます。

紫外線に対しては、日焼け止めや帽子などを
使うことになりますが、大事なのは季節を
問わない対策です。

冬場でも紫外線は降り注いでいますので、常に
何らかの対策をとることが大切です。

乾燥から肌を守るには、主に就寝前に化粧水や
美容液で丁寧にケアするのが効果的です。

コラーゲンを含むものをたっぷりと使うのがポイントです。

ほうれい線に効果的な美容皮膚科のサーマクールに副作用はあるの?

ほうれい線は肌の真皮層部分にある、コラーゲンの生成量が
不足する事で起こります。

コラーゲンが少ない状態だと、肌にハリや弾力が無くなり
皮膚がたるむみ、下へと頬が下がる事で、ほうれい線が
できてしまうのです。

美容皮膚科で受けられるサーマクールは、コラーゲンの生成量を
アップする作用があります。

美容医療

コラーゲンが増える事によって、肌にはハリと弾力が戻る為、
ほうれい線を解消する効果が期待できます。

皮膚を切らずに深いシワである、ほうれい線を消せると
いう事もあり人気の美容医療です。

ただ、サーマクールはラジオ波という熱を皮膚内部に与える
美容医療という事もあり、副作用が起こるリスクは
ゼロではありません。

副作用としては施術後に肌の赤みや腫れが出るケースが多いようです。
そして、稀にではありますが水泡や色素沈着といった症状が
現れる場合もあります。

これらの症状を施術後に発症したら、施術を受けたクリニックに
すぐ相談しましょう。

食べ物でほうれい線を消す方法

食べ物でほうれい線を消す方法として、意識的に摂取したいのは
コラーゲンです。

若々しい素肌のハリや潤いには、コラーゲンは欠かすことができません。

いくら良いからといって、1回の食事でたくさん食べればいい
というものではありません。

ほうれい線

毎日の食事メニューに加えて、継続的な摂取をするのが、
ほうれい線ケアのためにも効果敵となるコツです。

そんなコラーゲンをたっぷりと含む食材は、意外といろいろな種類があります。

鶏皮や手羽先は有名ですし、鶏軟骨や豚足とか、
牛スジやうなぎなどもコラーゲンを多く含んでいます。

少し贅沢ですがフカヒレはコラーゲンを非常に多く含みますし、
サザエといった貝類も豊富です。

ビタミンC

コラーゲン生成をサポートするのは、ビタミンCの栄養成分です。

ですからコラーゲンと一緒に、ビタミンCの栄養成分も
摂取酢料に心がけるといいです。

水溶性ビタミンは1度に摂取しても排出されてしまうので、
1日の食事のなかで、こまめな摂取をする方が効率的です。

野菜やフルーツにも、ビタミンCは豊富です。

姿勢が原因だった?ほうれい線を消す方法

一般に、ほうれい線が深くなる原因は加齢だと言われます。

それはその通りなのですが、猫背などのように姿勢が悪いと
ほうれい線が深くなりやすいことも分かっています。

猫背になると首が曲がりますから、顔のたるみを
まねくことに繋がります。

では猫背をなおすにはどうすれば良いのでしょうか。
最も肝心なのは、姿勢を正すように
意識し続けることですが、そう上手くはいかないのが現実でしょう。

そのため、背中の筋肉を鍛えて、自然にキレイな姿勢に
なるようにすることが大切です。

背中の筋肉

ストレッチを行って、体の柔軟性を高めるのも良いでしょう。
全身のコリをほぐすことにもなりますから、体が軽くなる効果も得られるでしょう。

また、猫背改善グッズを使うのも有意な方法です。
事務作業などで長時間座り続ける人は、いつの間にか
猫背になっていることがあります。

たるみ

自分に合うグッズを使うことで、ほうれい線を消すことに
寄与する可能性は大いにあります。

猫背を改善し、顔のたるみを防止することで、
ほうれい線は確実に薄くなります。