エイジングケア化粧品でほうれい線を消す方法

ほうれい線は加齢によって肌の弾力が失われて、
重力に逆らえなくなった皮膚が下がることでできます。

これを消す方法は毎日肌につける化粧品を、
エイジングケア化粧品に変えることです。化粧品でケア

加齢による皮膚のたるみを解消する効果がある
化粧品を使うことで、失われた肌の弾力を取り戻し
ハリとツヤを出すようにできます。

ほうれい線が気になる方は、まずはいま使っている
化粧品を、エイジングケア化粧品に変えてみましょう。

肌の弾力を取り戻すのに効果のある化粧品は、
保湿作用とアンチエイジング作用の高い成分を
含んでいるものとなります。

おすすめの成分は保湿作用のものだと、
海藻エキス・ラン藻エキス・ビタミンC・
ローヤルゼリー・コエンザイム。

アンチエイジング作用のものだと、コラーゲン・
ヒアルロン酸・アミノ酸。

これらの成分が配合された化粧品を選び、
ほうれい線のケアをしてみましょう。

肌の健康自体にも良い成分ばかりですので、
お肌の状態も改善できます。肌を改善する

食べ物でほうれい線を消す方法

食べ物でほうれい線を消す方法として、意識的に摂取したいのは
コラーゲンです。

若々しい素肌のハリや潤いには、コラーゲンは欠かすことができません。

いくら良いからといって、1回の食事でたくさん食べればいい
というものではありません。

ほうれい線

毎日の食事メニューに加えて、継続的な摂取をするのが、
ほうれい線ケアのためにも効果敵となるコツです。

そんなコラーゲンをたっぷりと含む食材は、意外といろいろな種類があります。

鶏皮や手羽先は有名ですし、鶏軟骨や豚足とか、
牛スジやうなぎなどもコラーゲンを多く含んでいます。

少し贅沢ですがフカヒレはコラーゲンを非常に多く含みますし、
サザエといった貝類も豊富です。

ビタミンC

コラーゲン生成をサポートするのは、ビタミンCの栄養成分です。

ですからコラーゲンと一緒に、ビタミンCの栄養成分も
摂取酢料に心がけるといいです。

水溶性ビタミンは1度に摂取しても排出されてしまうので、
1日の食事のなかで、こまめな摂取をする方が効率的です。

野菜やフルーツにも、ビタミンCは豊富です。

姿勢が原因だった?ほうれい線を消す方法

一般に、ほうれい線が深くなる原因は加齢だと言われます。

それはその通りなのですが、猫背などのように姿勢が悪いと
ほうれい線が深くなりやすいことも分かっています。

猫背になると首が曲がりますから、顔のたるみを
まねくことに繋がります。

では猫背をなおすにはどうすれば良いのでしょうか。
最も肝心なのは、姿勢を正すように
意識し続けることですが、そう上手くはいかないのが現実でしょう。

そのため、背中の筋肉を鍛えて、自然にキレイな姿勢に
なるようにすることが大切です。

背中の筋肉

ストレッチを行って、体の柔軟性を高めるのも良いでしょう。
全身のコリをほぐすことにもなりますから、体が軽くなる効果も得られるでしょう。

また、猫背改善グッズを使うのも有意な方法です。
事務作業などで長時間座り続ける人は、いつの間にか
猫背になっていることがあります。

たるみ

自分に合うグッズを使うことで、ほうれい線を消すことに
寄与する可能性は大いにあります。

猫背を改善し、顔のたるみを防止することで、
ほうれい線は確実に薄くなります。

保湿ケアでほうれい線を消す方法

まずはじめて知っておきたいことが、ほうれい線を保湿ケアで消す
という方法は全てのケースで適用できないということです。

保湿

ほうれい線はシワの一種ですが、そのシワの深さが浅い場合、
つまり角質層に刻まれたシワの場合だけ保湿ケアで消せるのです。

そのシワが真皮や皮下組織にまで及ぶような深い場合は保湿では消せません。

これを踏まえた上で保湿で消す方法について解説します。
保湿成分はいくつかありますが、この場合に特におすすめがセラミドです。

ポイントが角質層内に含まれる保湿成分がセラミドという点です。
コラーゲンやヒアルロン酸は角質層の下の真皮層以下に含まれる
保湿成分なので、肌につけてもなかなか浸透しません。

それに対してセラミドは角質層内の保湿物質なので
比較的スムーズに浸透しやすいのです。

浸透する

セラミドの中でもおすすめが天然セラミドかバイオセラミドです。
特に酵母から作られている後者は、前者ほど
値段が高くないのでおすすめです。