顔のたるみの治療の大敵?ストレスについて

顔は、人の印象を左右してしまうばかりでなく、自分
でも気になりやすい部分なで、顔のたるみで悩んでいる
こと自体がストレスになり、たるみが進んでしまうことが
あります。

人は、悩みごとなどのストレスがあると、血行が悪く
なったり、代謝が悪くなったりしてしまう傾向があり、
肌の細胞にも影響して、皮膚の老化を進めてしまうことが
あります。

顔のたるみで悩んでいること自体が、ストレスになって、
さらに顔がたるんでしまうという悪循環に陥ってしまう
可能性があるので、悩んでいる場合には、積極的に治療を
受けることを視野に入れてみることがおすすめです。

顔のたるみの治療は、いろいろな種類があるので、自分の
希望や予算などに合わせて選ぶことができます。

とにかくたるみを目立ちにくくして、若々しくなりたいと
いう人には、リフトアップがおすすめです。

リフトアップは、たるんでしまった余分な皮膚を切除したり、
肌の下の筋膜を引き上げて、下がった頬や輪郭を持ち上げる
ことができるため、ハリを持たせることに加え、しわも目立ち
にくくなる治療法です。

メスで肌を切ることに抵抗があるという人には、メスを使わずに
注射だけで行うことができるヒアルロン酸注入が人気です。

ヒアルロン酸注入

肌をふっくらと持ち上げることができるため、頬の位置を高く
したり、くぼんだ目や頬をふっくらとさせ、顔のたるみやしわを
目立ちにくくする治療です。

痛みやダウンタイムも少なく、効果は一年以上続きます。

たるみ治療でどれだけのハリを取り戻せる?

美容市場では、アンチエイジングケアは常に注目されている
もので次々と肌のたるみを改善させるというコスメが生み
出されていますが、そういったものを使ってみたところで、
満足できるほど肌にハリが取り戻せた、という女性はほとんど
いません。

肌の保湿効果はあっても、たるんでしまった肌を引き上げる
までの威力はなく、気休め程度にしかならなかったと嘆く声も
少なくありません。

そこでお勧めなのが、美容皮膚科でのたるみ治療で、確実に
自分が理想とする若返りが可能となるので、コスメやエステに
お金をかけるくらいなら、ぜひトライしてみしょう。
※顔のたるみ治療 シワの改善 /ソララクリニック 仙台

美容皮膚科で行われているたるみ治療には、いろいろな
ものがあり、医師が一人一人の患者さんに最適な治療法を
見極めてくれます。

周囲に絶対にばれることなく、ごく自然に引き上げて欲しい、
といった希望もかなり強力に若返りたいといった希望も、
しっかりと答えてくれるので、予算や通院回数も含め、
自分の要望をきちんと伝えましょう。

たるみ治療

美容皮膚科でのたるみ治療は、基本的にメスを使わないので
ダウンタイムが必要となるものはあまりありません。

とは言うものの、肌質はそれぞれ違うので、少し赤みが出て
しまうこともあれば内出血を起こしてしまうこともあるので、
そういったリスクについてもしっかりと理解しておきましょう。

美容皮膚科のたるみ治療は、時に痛みを伴う場合もありますが、
希望すれば麻酔処置も受けられるので、どうしても不安なら
相談してみましょう。

美容皮膚科のサーマクール

ほうれい線は1cm伸びると、5歳も老けて見られると
言われる程、顔の見た目年齢を左右するシワです。

ほうれい線が気になるという場合、美容皮膚科で受けられるサーマクールを受けてみてはいかがでしょう。

サーマクールはコラーゲンの生成を促し、肌にハリと弾力を甦らせる事で、ほうれい線を解消できる美容医療です。

ラジオ波という高周波を肌に当てるだけの施術を行うので、顔にメスを入れるという事はありません。
メスを使わないので傷跡が残らないという点はメリットと言えるでしょう。

傷がつかない治療法

また、美容整形と比較すると施術後の腫れや痛みも無い点も、メリットとなっています。

しかし、若返りの効果は半永久的ではありません。
施術を受けて半年から1年程度で、徐々にコラーゲンが不足し肌が老化し始めます。

切る美容整形より持続性が無いという点はデメリットです。

しかし、手軽に受けられる美容医療という事もあり、シワやたるみが気になる方にサーマクールは人気です。

顔にする治療だからこそ術後のリスクを懸念されることと思いますが、美容皮膚科での治療なら、治療を受けた後もメイクをして帰宅できるものばかりなので気軽にトライできます。

たるみ治療にはメスを使用せず痛みの少ない照射系マシンを使うもの薬剤を注入するものなど、それぞれに違いがあるので、しっかりカウンセリングして納得のできる治療を受けましょう。

ヒアルロン酸とボトックスの違い

美容皮膚科で受けられる、シワ取りに効果的な美容施術の方法として、ヒアルロン酸とボトックスが存在します。

ほうれい線を消す方法としても、有効活用できそうなこの2つの施術ですが、明確な違いがあることを知っておきましょう。

結論からすると、ほうれい線に効くのは、ヒアルロン酸のほうです。
ボトックスでは解消することができません。

美容注射の違い

ヒアルロン酸は皮膚の奥に元々存在する成分で、加齢や紫外線の影響で減少します。
潤いを維持する力があり、このおかげで皮膚にハリが生まれ、ほうれい線を目立たなくさせることができます。

一方のボトックスは、ボツリヌス菌というものから抽出した成分を使います。
この成分にはこわばった筋肉を柔らかくする効果があります。

表情筋の凝り固まった部分に注入することで、シワを取り除くことが可能です。
ボトックスは皮膚にハリを与えるのではなく、筋肉のこわばりが原因のシワ治療に有効な手段です。

ほうれい線は皮膚のたるみが原因の症状ですので、ヒアルロン酸を使うのが基本です。